現在位置
ホーム > 事業情報 > 製品 > <クラゲール®>

<クラゲール®>

BOD・COD・窒素除去、有機余剰汚泥削減の用途などに用いられている微生物固定化担体です。

用途
  • 食品排水
  • 化学排水
  • 染色排水
  • 液晶・半導体排水
  • 特殊菌を用いた難分解物質の除去など(PVA、DMF、高塩濃度排水等)

カタログ(PDF)

  • 特長

    細菌が担体の内部に向かって増殖

    1. 20μm前後の孔径が表面から中心部まで全通
    2. 剥離汚泥が少なく、処理能力が安定
    3. 細菌濃度を高めることが可能

    高負荷運転が可能

    最大BOD担体負荷 50kg/m³-ゲル・d※
    容積負荷 5kg/m³・d(担体充填率<クラゲール®>10%)
    最大窒素担体負荷 6kg/m³-ゲル・d※
    容積負荷 0.6kg/m³・d(担体充填率<クラゲール®>10%)
    活性汚泥法と比較して処理能力が5~10倍※
    • 運転条件による

    設備がコンパクト

    細菌保持率が高く、処理能力が高いため処理槽容積が小さい

    担体充填率が低い

    槽容量に対して10%程度

    運転管理が容易

    <クラゲール®>槽への汚泥返送が不要

    運転方法により余剰汚泥発生量の削減が可能

    担体の流動性、攪拌エネルギー効率が良好

    直径 約4mm、比重 1.015<±0.01>の球体

  • 活性汚泥法と「<クラゲール®>」法との比較

    活性汚泥法と「<クラゲール®>」法のフローイメージ

  • 仕様

    原料
    PVA(ポリビニルアルコール)
    直径
    4mm
    比重
    1.015

    <クラゲール®>

    菌付着1ヶ月後

    電子顕微鏡写真

この製品を使用している、関連製品・ソリューション

関連製品

<ゼクルス®>
排水処理装置をできるだけコンパクトに、最適な装置提案をいたします。
高濃度排水(好気リアクター)
微生物固定化担体<クラゲール®>(PVAゲル)を、好気条件下の下で流動させることにより高負荷排水中のBOD成分の処理を行います。
高濃度排水(嫌気リアクター)
嫌気槽内に、<クラゲール®>を充填することで、<クラゲール®>表面に細菌が増殖し従来法と比べ、槽内の細菌数が圧倒的に殖え高濃度処理が可能になります。
脱窒排水処理システム
閉鎖水域流域で建設を計画している工場の排水が、窒素規制値をクリア出来ないとお困りの客様に最適な装置提案をいたします。
排水回収プラント
御社の回収排水の症状に合わせた最適な装置提案をいたします。

関連ソリューション

省スペース化システム
排水処理装置をできるだけコンパクトに、最適な装置提案をいたします。
高負荷対策システム
高濃度排水にお困りの方に、最適な装置提案をいたします。
装置機能診断
排水処理のプロフェッショナルである、クラレアクア(株)が解決いたします。

お気軽にご相談・お問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

 東京:03-6701-1550

 大阪:06-7635-1320

 総代理店クラレトレーディング(株):03-6701-2064

受付時間9:00~17:45(土・日・祝日除く)

インターネットでのお問い合わせ

お問い合わせ

カタログダウンロード